C'est quoi? "La queue de FIJI"
ラ・クードゥ・フィジとは?

"La queue de FIJI"(ラ・クードゥ・フィジ)は、フランスから直輸入の
ファブリック雑貨を取りそろえたオンライン・セレクトショップです。
「飾る」ことを目的としたデコレーションクッションを中心に、
インテリア・コーディネーターの店長自らが厳選したファブリック・アイテムをご紹介しています!



Bienvenue chez "La queue de FIJI"!
ラ・クー・ドゥ・フィジ 猫(フィジ)のしっぽ

「あってもなくても猫のしっぽ」ということわざは、「必ずしも必要ではないもの」という意味。
お店の名は、そんなことわざから来ています。

インテリアとは内装を示す言葉ですが、同時にこだわりのある内装という意味でもあります。
形や色が何であれ、そこにこだわりなどなくても、必要なアイテムさえあれば生活に支障はありません。
便利さだけを追求するなら、飾りのついたものは選ばれないでしょう。また、コーディネートを考えたりもしないはず。
でも、そこにあえて装飾のついたファブリックを選んだり、ストーリー性のあるアイテムを選んだら?
それはやっぱり、ただの内装ではなく「インテリア」に変わると思うのです。

インテリアは、「あってもなくても猫のしっぽ」かもしれない。
でもココロや身体にゆとりと安らぎ、歓びを生むパワーがある、と信じて
こんな名前になりました。

無駄なようで無駄じゃないんじゃない?
それがLa queue de FIJIが皆さまに提唱するインテリアの在り方です。

※ちなみにFIJIは、愛猫の名前です・・・



店長 FIJI (フィジ)プロフィール

パリの現地校にて幼少期を過ごし、ネイティヴな幼児フラ語をマスター。
その後フランスとは全く無関係な学生時代を日本で送り、
卒業後はフレンチインテリア・ブティックの店長、コーディネーターとして建築会社やデザイン事務所にてキャリアを積む。
主にモデルルームのコーディネートや個人宅のインテリア・プランを作成。
テレビ番組のインテリア対決にも参戦するなど「インテリア」と名のつくものには興味津々。

突如、昔取った杵柄でフランス語を習い始め、一念発起して渡仏。
南仏にてプロヴァンス大学に通った後、帰国しインテリアのセレクトショップを開業!
南仏で一緒に暮らしていた猫、FIJIの名を取り、「La queue de FIJI」の店長となる。