• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2018/06/17 16:35

海外ドラマ"the oc"から、ド派手なお部屋をご紹介。
これは!目が覚めるようなコーディネートですね。

壁のクロスをピンクにして、ベッドリネンも合わせて同じ色にして「ここはピンクの部屋ですよ!」という主張が感じられます。
それを引き締める意味で黒がドドンと入ってきているわけですが、柄をゴシックにしてデコラティブな模様を合わせていますね。細かく線の細いゴシック模様だけだったらちょうど良かったのにな、というのが個人的感想。
ベタっと無地の黒が主張が強くてピンクとけんかしちゃっているような気がしないでも無いです。

女の子らしさ、クラシック感をランプや窓周りのデコレーションで演出していますが、なかなか普通の住宅でこれを真似するのは難しいですね。

ここではベッド上のクッションの大きさに注目です。
よく欧米のホテルなんかで幾つもクッションが飾られているのを見ますが、寝るときは横に避けるんですね。ベッドメイクの時に飾りなおす。面倒なようですが、向こうでは習慣になっているんですね。

写真を見ると、一番大きなクッションの後ろにあるピンクが多分枕。
それ以外は全て飾りクッションです。一番大きなものは背もたれに使えるけど、その他はベッドの正面から見てバランス取れるように段々小さいサイズのクッションにしていますね。一番手前はボルスタークッションといって、円筒型の飾りです。

LQFのクッションで飾るなら。ゴシックテイストは難しいのでもうちょっと大人よりに黒を揃えてみました。
ピンクの枕はそのままに、一番大きなクッションは、これ。
これに重ねて、たくさんリボンクッションを飾るのもかわいい。
最後に、ミニミニクッションをおいて完成度高くコーディネート!